What's New!

123 - コピー.jpg

 

 

 ライブ・ユニット喜多三(きたさん)は、作曲家古関裕而(こせきゆうじ 1909-1989)の楽曲を中心にライブ活動を行うユニットとして、2013年1月、九代目三郎次こと古関正裕(古関裕而長男)、ヴォーカリストのSUZUこと鈴木聖子、ピアニストのSANAこと齊藤早苗の三人で結成されました。歌、演奏だけでなく、曲の紹介や曲にまつわるエピソードなどの軽妙なトークを交えたトーク・ライブで、都内のホールやライブハウスを中心に活動しています。

 2016年秋に齊藤早苗が脱退し、2017年からはSUZUのヴォーカルと九代目三郎次が担当するシンセサイザーをメインとし、その都度ピアノやシンセサイザーなどを加えた編成で、皆様により楽しんで頂けるライブを目指しております。

 

古関裕而(こせきゆうじ)
yuji70.jpeg

主な作品

流行歌・戦時歌謡  

「船頭可愛や」、「愛国の花」、「露営の歌」、「暁に祈る」、「若鷲の歌」、「長崎の鐘」、「イヨマンテの夜」、「あこがれの郵便馬車」、「高原列車は行く」、「雨のオランダ坂」、「フランチェスカの鐘」、「白鳥の歌」

 

ドラマ・映画

「とんがり帽子」、「夢淡き東京」、「君の名は」、「黒百合の歌」、「モスラの歌」

 

マーチ・応援歌など

早稲田大学応援歌「紺碧の空」、「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」、「巨人軍の歌」、「栄冠は君に輝く(全国高校野球大会の歌)」、「東京オリンピックマーチ」、「スポーツショウ行進曲(NHKスポーツ番組テーマ)」

 

劇・ミュージカル

「敦煌」、「蒼き狼」、「津軽めらしこ」、「風と共に去りぬ」、「がめつい奴」、「放浪記」