お役立ち情報

9月1日は防災の日です。

備えあれば憂いなしということで非常時持ち出し品などをまとめました。

9月1日は1923年(大正12年)に発生した関東大震災にちなみ防災の日と制定されていることは皆様ご存知のことと思います。

日頃備えているつもりでもなかなか万全とはいかないこともあるでしょう。そこで、非常時持ち出し品・非常用備蓄品のリストを作ってみました。

earthquake_...fumira_fuku...

『非常持ち出し品・非常用備蓄品リスト』

食料品関係

  1. 飲料水(1人1日3L)
  2. 家族3日分の食料
  3. 缶切り・ハサミ
  4. 食器類(皿・スプーン・カップ)

医療品等

  1. 救急セット(三角巾・消毒薬・軟膏など)
  2. 家族が常用している薬
  3. 生理用品
  4. 紙おむつ・粉ミルク・哺乳瓶

衣類

  1. 動きやすい服装の着替え・スウェット・シャツ・セーター・下着・靴下
  2. タオル・バスタオル

 

非常食に適した食
乾パン、レトルト食品(お粥等の主食)、缶詰、アルファ化米などの他、チョコレート・ビスケット・キャラメル・パウチスタイルゼリー飲料なども有効な非常食になります。

日用品

  1. 懐中電灯
  2. ラジオ
  3. 電池の予備
  4. ライター・マッチ・ロウソク
  5. 携帯コンロ
  6. ガスボンベの予備
  7. 手袋(軍手)
  8. 石けん
  9. 筆記用具・メモ用紙
  10. 近郊の地図
  11. ちり紙・ロールペーパー
  12. ビニール袋(大・小)
  13. ロープ・ガムテープ

貴重品

  1. 現金(札と小銭)
  2. 身分証明書の写し
  3. 健康保険証の写し
  4. 貯金通帳の写し
  5. 認印

※これらはあくまでも一般的なものですので、各ご家庭にあったものをご用意ください。

 

また、被害を最小限にとどめるため安全対策も心がけたいものです。

『我が家の安全対策』

1.わが家の安全対策をしよう!

・家具類は、器具や留め金などで固定し転倒防止をします。
・火元のそばに、消火器やエアゾール式簡易消火具の備えましょう。
・家屋の柱、土台、屋根瓦などを点検・補強をしましょう。
・ブロック塀や石塀の点検・補強で倒壊を防止しましょう。
・非常持ち出し袋を持ち出しやすい場所に用意しましょう。

2.家族会議で話し合っておこう!

・地震の時の避難路と避難場所を確認しましょう。
・家族の役割分担(火気の点検や持ち出し品)を考えてみましょう。
・家族間の連絡方法と落ち合う場所を決めておきましょう。

地震が発生した時、行動も10ポイントを東京消防庁のサイトでわかりやすく説明しているページがあります。下記のURLにアクセスしてみてください。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/point10.htm

  2012/08/17   ohwadagumi